• ホーム
  • 海外の性病事情はすごかった!

海外の性病事情はすごかった!

2020年01月09日

現在では輸送交通網が世界的に整備されたおかげで、気軽に海外旅行に出かけることが可能になりました。そのおかげで海外旅行に赴く機会もふえ、現地での性風俗サービスを利用する方もいらっしゃるでしょう。日本国内のソープランドやヘルスなどでさえ性病のリスクが存在する以上、文化や風俗・気候や公衆衛生が異なる海外であればなおさら高いリスクに直面するものと考えるのが妥当です。海外でのヘルスやソープなどの風俗を利用する際に注意すべきリスクについて御紹介して参りましょう。まず地域によっては日本国内では既に過去の性病となった種類の病気に罹患するリスクが高いと言えます。典型的なのは軟性下棺という性病であります。日本ではかつては淋病・梅毒などに次ぐ性病の代表格と考えられてきた病気ですが、戦後の公衆衛生環境整備でほぼ日本国内での発症例は見られなくなっています。しかし熱帯地域ではいまだに患者数が多く、特にアフリカでは性病のなかでも患者数が最も多いとされているほどです。アフリカや熱帯地域から帰国した際には注意が必要です。軟性下棺の主な症状は性器に有痛性の丘疹が発生しやがて崩れて潰瘍になります。男性ではしばしば強烈な痛みを伴うとされています。治療はエリスロマイシンを10日間ほど服用して回復をはかります。日本国内では、まったくお目にかかることのない性病も、地域によっては罹患する可能性があります。一例として鼠径肉芽腫を指摘することが出来ます。鼠径部とは足の付け根あたりの部位を意味しており、肉芽腫とは良性のデキモノという意味です。流行地域はインドや東南アジアやアフリカや中南米諸国は流行地域とされています。特に太平洋の島国パプアニューギニアでは性病科を受診する4人に1人は鼠径肉芽腫とされているほど多い性病です。主な症状は陰茎や陰嚢・膣や外陰部に丘疹が発生し、やがて腫瘍状になります。その後は表面にただれが多発するようになり、やがて会陰部全体に潰瘍を形成するようになるのです。鼠径肉芽腫には蝋燭病もありますが、それは陰茎全体に病変が及ぶと陰茎の形が崩壊していくようになります。蝋燭病というのは火がついた蝋燭が時間経過と共に短く流れていく様子をイメージさせるからのようです。クロラムフェニコールやテトラサイクリンなどの抗生物質で治療可能ですが一度崩壊した、性器の完全回復は困難です。海外では現地の文化を尊重するなどの姿勢が大切ですが、日本とは異なる性病のリスクにも注意を払うのを怠らないことが重要です。

関連記事
おりものに違和感?トリコモナスかも!

トリコモナスは、トリコモナスと呼ぶ原虫が性器内に入り込んで、炎症を引き起こす性病の一種です。この原虫は肉眼では見ることができないとても小さな生物で、ほかの性感染症とは異なり、若い人だけでなく中高年層にも幅広く感染者がいると言います。原虫は、膣内・子宮頸管・膀胱・尿道などに寄生し、尿道に感染した時には...

2020年02月15日
薬とワクチンの違いをわかりやすく説明します!

人類の文明が発展する過程は、感染症の克服の歴史の一面も持っています。抗生物質のペニシリンが登場したのは1920年代になってからのことで、それまでは感染症のほとんどに人類は有効な治療法を選択肢に保有していませんでした。感染症について人間の免疫性が関係していることは近代医学が成立するはるか以前から経験則...

2019年12月04日
ヘルペスに効果的な治療薬を一挙紹介!

ヘルペスは性器や肛門周辺や口腔周辺や三叉神経など、デリケートで敏感な部位に痛みを伴う水泡や潰瘍が発生するので、なかなか辛い症状です。ヘルペスウイルスは一度罹患すると腰周辺の神経組織に休眠状態で生息しつづけるという特徴をもっています。現時点では治療薬は存在していますが、これを体内から根絶する効能をもっ...

2019年08月07日
クラミジアを撃退!症状や治療法を教えます

数ある性病の中でも毎年最大の新規患者数を出すクラミジアは細菌の一種が性行為や性的接触を持つことで感染します。性行為などを介在して感染が拡大することから性感染症の一種といえます。原因となるクラミジア・トラコマチスという細菌が尿道や外陰部や子宮頸部・直腸などに炎症を引き起こします。主な症状は男性では排尿...

2019年09月12日
これも性病!?意外な感染症と対策をご紹介

感染症のなかには私たちが抱いているイメージとは案外違って、医療現場では性病の一種と認識されている病気がいくつかあります。誤解しがちなイメージを打破し、正しい知識を身につけることで予防策を実践することが可能になり、万が一感染してしまった場合でも適切な対策をとることが出来るはずです。正しい知識を持てば性...

2019年11月09日
妊娠にかかわる性病のリスク

妊娠と性病には幾つかの段階でリスクを想定する必要があります。妊娠中と出産時、そして出産後の生育過程でのリスクです。それぞれの過程での性病に関するリスクを検討してみましょう。まず外陰部から子宮頸部などを超えて、子宮内部や卵管・卵巣にまで波及している場合は、流産や子宮外妊娠などの可能性が高くなります。子...

2019年10月15日
カンジダはどういう病気?治療薬はコレ!

カンジダはカビに分類される真菌の一種で、人間の口腔粘膜から肛門に至るまでの粘膜や皮膚などに生息している常在菌の代表格でもあります。適度な温度や湿度などが維持され全身の免疫機能が正常に機能し、常在菌のバランスが取れている限り病原性を発揮することはありません。老若男女誰にでも身近な酵母の一種ですが、局部...

2019年09月27日
ジェネリック医薬品+通販で安く薬を手に入れよう

性感染症の治療薬については、ごく一部を除くと処方箋なくして、ドラッグストアや薬局で購入することはできません。なぜなら性病の治療薬は原則としてクリニックや病院などの医療機関で医師の診察を受けて、原因となる疾病の確定診断を受けて処方箋を出してもらう必要があるからです。処方箋を治療薬の入手のための必須条件...

2019年08月27日
かゆ痛いヘルペスはどんな性病?感染経路についても紹介

人間の神経組織に生息していることが珍しくないヘルペスウイルスには幾つもの種類があることが知られています。単純ヘルペスウイルス(HSV)がひき起こすのが、口唇ヘルペス・性器ヘルペス、類似した水ぼうそうウイルスが原因となる帯状疱疹などが代表的です。これらのヘルペスの感染経路には、何種類かのルートがありま...

2019年07月23日